<< レーシックの後遺症について | main | 近視とレーシック 近視は遺伝する!? >>

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


老眼とレーシック

レーシックは最近人気の視力回復法ですが、
老眼といえばお年寄りがなるイメージですね。

では、老眼とはどのようなものでしょうか?

老眼とは、目の障害の一つです。老視とも呼ばれていますが、こちらが正式名称になります。

主に40代から60代にかけて発生する障害で、 加齢により水晶体を調節する毛様体の筋力が衰えます。 これにより水晶体の弾性が失われて調節力が弱まり、その結果ピントの合う距離範囲が小さくなります。

老視は一般的に近くにあるものが見えなくなると思われがちですが、 実際のところは調節できる範囲が小さくなるのです。
そのため普段のピントの合う範囲は普通に見えますが、 調節が必要な範囲は見えづらくなるのです。

若い時にレーシックの治療をして視力が回復しても、年を取ったときには
老眼になるそうですので、目は大切にしてくださいね。

でもどうせレーシック治療で視力が回復するのなら、老眼にならないようにも
してほしいですよね。


スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/05/31 9:53 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/05/27 7:43 AM



sponsored links
おすすめ眼科
レーシック
評判のレーシック手術
レーシック
神奈川クリニック眼科
視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科
selected entries
categories
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM