<< 老眼とレーシック | main | レーシックブログおすすめの錦糸眼科とは?費用も魅力! >>

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


近視とレーシック 近視は遺伝する!?

近視といえばレーシックによる視力回復法がおすすめです。レーシックは最近ではとても人気のある、視力回復法です。
コンタクトレンズを使用している人は、一度レーシック手術を検討するのも良いでしょう。

目の話になると、近視という言葉をよく耳にしますが、一体どんなものなのでしょうか?

・近視とは?

近視は、屈折異常のひとつです。
眼球内に入ってきた光が網膜上の正しい位置ではなく、もっと手前に焦点を結んでしまう状態。近眼(きんがん、ちかめ)とも言います。

遠方視の場合に、屈折機能が無限遠まで対応できないためはっきり見ることが出来ません。 逆に近方視の場合は支障は少ないです。

近視は屈折の問題であり網膜や視神経の疾患ではありませんので、原則的に矯正視力が低下するものではないです。

一般的に近視は75%が遺伝だと言われています。
親がメガネをかけている家庭では、子供もメガネをかけている事が多いのは遺伝によるものだというのです。
たしかにドラえもんに出てくるのび太くんの家庭もそうですね。

しかし、メガネをかけた親のもとで生活すると言う事は、育つ環境も同じになりますので、遺伝だけでなく環境による原因も大きいのではないのでしょうか。

信頼のおける眼科やクリニックで、レーシック手術によって近視も治すことができれば
嬉しいですね。


スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/06/30 7:48 PM



sponsored links
おすすめ眼科
レーシック
評判のレーシック手術
レーシック
神奈川クリニック眼科
視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科
selected entries
categories
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM