スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


老眼とレーシック

レーシックは最近人気の視力回復法ですが、
老眼といえばお年寄りがなるイメージですね。

では、老眼とはどのようなものでしょうか?

老眼とは、目の障害の一つです。老視とも呼ばれていますが、こちらが正式名称になります。

主に40代から60代にかけて発生する障害で、 加齢により水晶体を調節する毛様体の筋力が衰えます。 これにより水晶体の弾性が失われて調節力が弱まり、その結果ピントの合う距離範囲が小さくなります。

老視は一般的に近くにあるものが見えなくなると思われがちですが、 実際のところは調節できる範囲が小さくなるのです。
そのため普段のピントの合う範囲は普通に見えますが、 調節が必要な範囲は見えづらくなるのです。

若い時にレーシックの治療をして視力が回復しても、年を取ったときには
老眼になるそうですので、目は大切にしてくださいね。

でもどうせレーシック治療で視力が回復するのなら、老眼にならないようにも
してほしいですよね。


レーシックの後遺症について

レーシック後遺症はあるのでしょうか?視力矯正法のレーシックの手術を行なう人にとっては不安ですね。失敗後遺症などは起きないのか、口コミ情報などでもあまり聞きません。


●レーシックの後遺症について

・ドライアイの発生率
今までのレーシックは、施術後にドライアイになる事もありました。
しかしスーパーイントラレーシックでは違います。
例えば、評判の高い人気のクリニックとして有名な品川近視クリニックのスーパーイントラレーシックの場合は、角膜への負担を大幅に軽減し、ドライアイの発生率が抑えられています。

その結果ドライアイの発生率は、なんとわずか4%らしいです。
スーパーイントラレーシックではフラップ作成時に角膜への物理侵襲が非常に少ない優れた方法です。

角膜への負担がとても少なくて、手術後の回復経過もレーシックに比べるとかなり優れています。
(ドライアイは時間の経過とともに改善します)

レーシックの失敗体験 片目のボケ

視力矯正法レーシック手術は、昔に比べると随分と費用も安くなりました。
昔は50万ほどはかかったようです。それが最近では18万前後で出来るので割安になりましたね。

しかしレーシックはまれに失敗体験談や片目だけボケが生じるなどの
体験談も聞いたことがあります。

私の友人は、レーシック手術を行ないましたが、病院選びが悪かったのか
片目のボケが治らず乱視のような状態になってしまったそうです。

レーシックでも近視の戻りが出ることもあるようです。
その他の例では、目が白濁したり不正乱視になったり、視力が出なかったりすることも稀にですがあるようです。

みなさんもクリニック選びは慎重に行なってくださいね。

レーシック失敗例 体験談など

レーシックの失敗例失敗体験談などは、レーシックの手術を考えている人にとってはとても気になりますよね。
そんな失敗例などの体験談を聞くと、手術に対する不安が生まれます。
執刀医の失敗による告訴など、実際に起きた例はあるのでしょうか。

いろいろと口コミ情報などで調べて不安をなくしてから手術に臨みたいものです。

●レーシック失敗・事故の実際に起きた例

執刀医の刃が角膜に深く入ってしまった例があるそうです。
その時は角膜までは消失しなかったので糸ですぐに縫われました。しかし、使用した糸が問題でその糸は一般の外科手術で使用される太い糸でした。
その結果、患者の目はこの糸の使用が原因で一時的に乱視状態となりました。
しかしその後、眼科専門医の治療により治りました。

角膜は繊細な組織ですので、太い糸を使用する事は通常考えられません。
キャリアのある眼科医や専門の眼科専門医が常駐していればこのレーシック手術の失敗は防げたはずです。

レーシックなどの近視手術を受ける場合は、必ず眼科専門医もしくはキャリアのある眼科医が常駐しているクリニックを選ぶようにしましょう。

視力矯正レーシックに健康保険は使えるの?

視力矯正法の手術といえば、レーシックが有名ですが生命保険健康保険などは適用できるのでしょうか?

レーシック手術は、ケガや病気による手術とは異なります。メガネやコンタクトレンズに健康保険が使えないように、レーシックは健康保険の対象外の自由診療になります。
このため、レーシック手術・検査などにかかる費用は個人で負担することになります。

レーシック手術を健康保険などで受けようと思っていた人は、ちょっと期待外れですね。

しかし、生命保険や医療保険ではレーシック手術を給付の対称にしているケースもあります。生命保険・医療保険の内容によって「レーザー角膜屈折矯正手術」に対しての手術給付金が支払われる場合があります。
詳しくは現在加入している保険会社等に問合せをしたり、約款で確認したり、代理店等に確認してみるのがよいでしょう。

レーシック手術の料金は一般的に、最近では両眼で20万円前後かかることが多いです。
それが保険で給付を受けることができれば、もっとお安くなりますのでお得になりますね。。

視力矯正法 レーシック体験記 口コミなど

視力矯正法のレーシックというと目の視力の良い人はまだあまり知らないかもしれません。
でも口コミ情報などでメガネやコンタクトを使っている人には、だんだん認知されてきている言葉ですね。

私がレーシックの視力矯正手術を受けようと思ったのは、視力が悪く、普段眼鏡やコンタクトを使用しているのはもちろんのこと理由はそれだけではありません。

メガネやコンタクトレンズのわずらわしさはもちろんのこと、家族のことも考えました。
最近では、佐渡ヶ島のほうで地震が起きたりと、地震大国の日本では常に震災の恐怖があります。そんなときに目が見えない・視力が悪いというのは、家族を守る自分にとっては
とても大きなハンディキャップになると思ったからです。

私は普段野球が好きで、休日には草野球を楽しみます。そんな時はメガネやコンタクトはとても邪魔なのも理由のひとつにあります。眼鏡はスポーツをする人にとってはわずらわしいですし、コンタクトは風の強い日には、目にゴミが入って邪魔になるのも嫌でした。

レーシック手術を行うには、目の手術なので不安や恐怖心はいっぱいでしたが、それよりも目が見えることによる恩恵のほうが大きいと感じたのが、恐怖心を克服する助けになりました。

視力矯正のレーシック手術を受ける前に

視力矯正法のレーシック手術を受けようと悩んでいる人が、最近増えてきているようですね。

でも実際に視力矯正のレーシックと言っても、目の手術ですから受けるのには結構勇気がいりますよね。その不安や恐怖感を克服しなければ手術には踏み切れないかもしれません。

そんな人はまず本などでレーシックについて勉強してみるといいかもしれません。
まずは手術の前に知識を得て、レーシックを学んで見ましょう。

●レーシックが日本を変える




【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 レーシックとは何か/第2章 よいレーシックを受けるために/第3章 視力矯正とレーシック手術の実際/第4章 手術後の見え方と合併症/第5章 その他の近視矯正法/第6章 併発症に対する近視矯正/第7章 レーシック体験者からのメッセージ/第8章 これからの近視矯正手術を考える

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

渥美一成(アツミカズナリ)
セントラル・アイ・クリニック院長。昭和55(1980)年、愛知医科大学医学部卒。愛知医科大学講師、総合上飯田第一病院眼科部長を経て、平成12年から現職。医学博士、眼科専門医(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

レーシックの費用はどれくらい? レーシックの価格調査

レーシックによる視力回復法は、専門のクリニックによる手術になります。

そうなると心配なのが、そのお値段。
現在レーシック手術は健康保険の対象外です。基本的には一部の
保険以外は適用されませんので、それなりの価格になります。

しかし数年前には両眼で60万ほどかかりましたので、
最近は両目で20万くらいから可能なクリニックもありますので安くなったのでは
ないでしょうか。

現在では以前とほぼ変わらない高額なクリニックと、すごく安価な料金設定の
クリニックがありますので、よく調べてクリニックを決めたいですね。

しかし目は人間にとってとても大切なものです。
あまり安すぎても不安になりますが、最初は例えばデジカメにしても液晶テレビ
にしても高額な価格設定から提供されます。それが価格競争によりどんどん
値下がりして、適正な価格に落ち着くものです。

レーシックも最初はとても高額でしたが、現在では価格競争などにより
その手術費用も落ち着いてきたのではないでしょうか。

またどのクリニックを選ぶにしても、価格面だけでなくそのクリニックの
評判や口コミ情報などを調べていけば安心かもしれません。

視力回復のイントラレーシックとは何?

イントラレーシックとは、レーシックより、安全性・確実性がさらに増した最新のレーシックのことです。
レーシック先進国アメリカでは、すでに主流になっている近視矯正法です。

イントラレーシックと一般的なレーシックの違いは、フラップ(角膜に作るフタ)の作成方法です。通常のレーシックは、マイクロケラトームという電動カンナのような装置でフラップを作ります。
それに対してイントラレーシックは、アメリカINTRALASE社製イントラレースFSレーザーを用いて、コンピュータ制御によってフラップを精密に作成します。
これにより、一段と安全で正確にフラップを作成することが可能になりました。


●手術時間は両眼でおよそ15分で終了、入院不要で手術後に帰宅が可能です。

業界トップクラスの回復率で術後の平均視力は1.61。

98%の方が1.5以上の裸眼視力まで回復し、残りの0.2%の方も1.0以上まで回復していると言われています。

年間約130万人が受けて、その安全性が証明されています。


●欠点
層間角膜炎(DLK)の発生や、フラップの作成や接着に時間がかかる、などの欠点が指摘されています。

しかしイントラは、通常の手術よりも非常に綺麗な仕上がりが
期待できるといわれていますので、おすすめできる視力回復方法と言えるでしょう。

レーシック視力回復手術を受けた有名スポーツ選手とは?

レーシックとは最近話題の視力回復方法です。
手術により低下した視力の回復をはかります。

パソコンが普及した現代人は、目や視力に悩む人が増えてきました。
近視・遠視・乱視など様々な症状がありますが、特に運動をする人や
スポーツ選手にとっては深刻な問題です。

実は海外のとても有名なプロスポーツ選手で、レーシックの視力回復手術を
受けた人がいます。
それは、プロゴルファーのタイガー・ウッズ選手です。
タイガー・ウッズ選手が手術を受け成績が向上したのをきっかけに、
その他の多くの視力に悩むスポーツ選手が手術を受けました。

最近では、乾燥したドームでの試合が多くなった野球選手が多く手術を受けています。




sponsored links
おすすめ眼科
レーシック
評判のレーシック手術
レーシック
神奈川クリニック眼科
視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科
selected entries
categories
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM